交通事故を起こしてしまったら加害者がとるべき行動・対応

交通事故はいつあなたの身に起こるか分かりません。もし交通事故を起こしてしまった時には加害者は事故現場で何をしないといけないのでしょうか。

自動車を止めて事故の状況確認

まず自動車を運転していて事故を起こしてしまった時には、運転手はすぐに自動車を停止させて、死傷者はいないか、また損傷した車の状況、道路における危険の有無など事故現場の状況を確認しましょう。

負傷者を助ける

次に運転者は負傷者がいる時にはこれを救護しないといけません。具体的には即座に救急車を呼ぶ。もしくは病院に運ぶとともに事故現場において止血などの応急措置をする。

ただし、負傷者が頭部に強い傷を受けている時にはむやみに負傷者を動かさないようにしましょう。なお被害者に大きな外傷が見えず、大した事がなさそうな時にも運転者はそのまま立ち去るのではなくて、けがの程度を確認する必要があります。くれぐれもひき逃げをしたように思われる事がないようにしないといけません。

道路上の危険防止処置

さらにニ重事故を防ぐために危険防止の処置をする必要があります。具体的にする事は交通事故を起こした車両をすみやかに路肩などの交通の妨げにならないような所に移動する必要があります。さらに後続車に事故の発生を知らせて誘導する事も必要になります。

警察官へ事故の報告をする

そして近くにいる警察官もしくは最寄りの警察署に事故の報告をします。具体的には事故の発生した日時や場所、死傷者の数、負傷の程度、損傷したものおよびその程度、事故にかかる車両の積載物、事故に講じた措置を報告する必要があります。

交通事故を起こしてしまうと予期せぬ事態に気が動転する人がいますが、冷静な気持ちを保つ事が大事です。事故現場においてはどちらに事故の原因があるのか、その過失の割合においても明確に分からない事もありますから損害賠償の額について具体的な話はしない方が良いでしょう。事故を起こしてしまっても冷静な気持ちで対処できるようにここに挙げた事を頭に入れておきましょう。