車の燃費向上

ハイブリッドカーが普及してから、久しいのですが、街中には、いたる所で静かに走っています。ハイブリッドカーの特長はナント言っても燃費の良さ。しかしガソリン車も負けてはいません。

 

ガソリン車も燃費が向上

この10数年でガソリン車も技術革新で燃費が大幅に向上しています。エコモードに設定することで、通常の1、2割程度、燃費が上がっていくガソリン車も珍しくはありません。昔はカタログデータの燃費はあくまで参考値で、実際走ってみると、実燃費としてはそれ以下の実績が現実でした。

しかし、最近は特定の条件下においてですが、カタログデータ以上の性能を叩き出す車も珍しくありません。そのようなことから、ハイブリッドカーまでではなくても、車両価格が低いガソリン車にも根強い人気があるのかもしれません。

 

軽自動車もハイブリッドカー以上

驚くことは、軽自動車も燃費がいいことです。車種によっては、ハイブリッドカーと同程度の実力を持っている軽自動車もあります。乗り心地は普通車よりは劣るかしれませんが、引けを取らないかとしれないのです。

性能向上が著しい軽自動車ですから、車は何年乗るのかを考えて買い替えを検討してもいいかもしれませんね。古い車を乗り続けるよりも維持費を抑えることが出来るかもしれません。

燃費は意識して上げることが大事

しかし、どんなに性能が上がったとしても、運転の仕方で燃費の良し悪しが大きく変わってくるのです。いきなりの急発進は大変は燃費を低下せてしまいます。

伸ばすためには、ゆっくりとスタートして、急加速や空ぶかしをしないことが前提となってきます。高速道路でも一定のスピードで走ることで燃費は向上しています。この数年、車の技術が進化を遂げて、安心・安全に対する取り組みも増えています。

日頃に運転している人の中で、急にアクセルをふかし、タイヤを空回りさせて運転している人はもう、燃費を上げるために、どのような運転すべきなのかを心がけている人もたくさんいます。

安全運転で急発進、急ブレーキ、急ハンドルを避けることと言われていますが、これも安全と同時に燃費向上の大きなポイントとなってきます。